芦田愛菜展覽館

 找回密碼
 註冊成為菜籽
搜索
查看: 128|回復: 2

芦田愛菜が「泥だらけで重労働」してでも出演したかっ...

[複製鏈接]
發表於 2017.9.4 12:25:05 | 顯示全部樓層 |閱讀模式
芦田愛菜が「泥だらけで重労働」してでも出演したかった番組
https://myjitsu.jp/archives/30421
2017.09.04 10:55




9月3日に放送された『日曜ビッグバラエティ 緊急SOS!超巨大怪物が出た!出た!池の水ぜんぶ抜く大作戦4』(テレビ東京系)に、女優の芦田愛菜が出演し、話題になった。

池の水ぜんぶ抜く大作戦は、全国各地にある池の水を空にして、池に潜んでいた生物や捨てられている意外な物を調査する内容の不定期特番である。毎回意外な発見があることから話題を呼び、さらに一部の市町村から池の水を抜いて欲しいという依頼が来るなど、番組の反響は大きく、早くも今年4回目の放送となった。

芦田が今回この番組に出演したいきさつは、以前から同番組のファンであった芦田が、つながりのあったドラマ担当のプロデューサーを通じて、自ら出演したいと依頼したためだという。前回の第3弾では、伊集院光が自身のラジオ番組で同番組のファンであることを公言し、番組に出演していた。

実際に水を抜く作業に芦田も参加し、池の水を抜いたあとに生物の捕獲やゴミの撤去も行った。重たい泥をさらうなどの肉体労働だったため、さすがに12歳の女の子には重労働だったようだ。ツイッターには《足手まといになる事は分かってるやろ!》、《ミスキャストだろ》などと苦言も集まっていた。



泥だらけで作業して好感度アップ

しかし、人気女優が一緒に作業をするとあって、一緒に作業をしていた人のモチベーションは上がっていたようだった。

さらに、泥だらけになることもいとわず懸命に楽しみながら作業をする芦田の姿勢に対し、《顔に泥が付いても生態調査にきちんと付き合ってくれる。本当にいい子だって思う》や《専門家の指導が入れば泥で判別の難しい物にも触れるし、生き物を見てもひるんだり驚いたりしないのが好印象だった》など、好意的な意見も多く投稿されていた。

同番組は、「好きな番組に出演したい」という有名人の意向と、出演してもらいたい番組の側で、お互いにwin-winの関係を築いているようだ。

ほかの民放キー局と比べて低予算と言われるテレビ東京でも、企画次第では人気者のキャスティングが可能だと証明できている。


 樓主| 發表於 2017.9.4 12:29:38 | 顯示全部樓層
テレ東「池の水ぜんぶ抜く」第4弾11・8%!自己最高&初2桁“快挙”「直虎」に勝った
http://news.livedoor.com/article/detail/13563222/
2017年9月4日 9時48分



 3日に放送されたテレビ東京の日曜ビッグバラエティ「緊急SOS!超巨大怪物が出た!出た!池の水ぜんぶ抜く大作戦4」(後7・54~9・54)が平均11・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率を記録したことが4日、分かった。シリーズ最高を更新し、初の2桁をマークした。

 裏番組の日本テレビの看板バラエティー「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58~8・54)が22・0%を記録した中、ついに2桁突破。同じく裏番組のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜後8・00~8・45)の11・3%も上回る“快挙”となった。

 第1弾(1月15日)=8・3%、第2弾(4月23日)=8・1%、第3弾(6月25日)=9・7%。徐々に数字を上げ、今回は第3弾を大幅2・1ポイントも上回った。

 11・8%は、今年のテレビ東京の全バラエティー番組を通じて最高。日曜ビッグバラエティ枠としても今年最高で、2012年11月11日の「秘境に嫁いで日本人妻」の12・1%以来5年ぶりの11%超えとなった。

 第4弾には、以前から同シリーズを視聴していた女優の芦田愛菜(13)が緊急参戦。千葉県千葉市の泉自然公園で超巨大な貝(ヌマガイ)と遭遇した。また、東京・日比谷公園の池の水を114年ぶりに抜くという大々的なロケを敢行。MCのロンドンブーツ1号2号・田村淳(43)ココリコ・田中直樹(46)らが“水抜き作業”と生物捕獲に奮闘した。




發表於 2017.9.4 23:48:27 | 顯示全部樓層
爱菜真厉害呢,巨大怪物大作战,不知道在哪里才能看的到这期的资源呢~
您需要登錄後才可以回帖 登錄 | 註冊成為菜籽

本版積分規則

排行榜|小黑屋|手機版|芦田愛菜展覽館

GMT+8, 2017.9.24 13:00 , Processed in 0.049566 second(s), 25 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

快速回復 返回頂部 返回列表